フィンペシア

フィンペシア

フィンペシア

フィンペシアは、インドの大手製薬会社『Cipla社』が製造したフィナステリド剤です。

フィンペシアはフィナステリド剤の元祖『プロペシア』のジェネリック医薬品で、同じ成分を同じ量だけ含む後発品となります。

そのため、プロペシアとほぼ同じ抜け毛予防効果を持っているにもかかわらず、プロペシアよりも安価に購入できるところが特徴です。

フィンペシアは日本では認可されていないため、輸入代行業者を通じて入手する必要がありますが、1錠あたりの値段は約100円と、プロペシアの2~3分の1の値段となっています。

フィンペシアの効能

フィンペシアはプロペシアと同じく、AGA(男性型脱毛症)に対して有用な効果を発揮します。

フィンペシアに含まれるフィナステリドが、AGAの原因とされる男性ホルモン『ジヒドロテストステロン(DHT)』の活性化を抑え、前頭部や頭頂部の抜け毛を防いでくれるのです。

同成分を同量配合したプロペシアの臨床試験では、98%の方に抜け毛予防効果が認められており、その効果は3年間持続したと報告されています。

また、抜け毛を防ぐことで、髪のボリュームアップも期待することができ、薄毛部分の密度を濃くすることも可能となっています。

フィンペシアの副作用

フィンペシアは医薬品の一種なので、飲用すると副作用を起こす場合があります。

一般的な症状としては、性欲の減退や胃部不快感、めまい、腹痛、頭痛などが挙げられますが、いずれも軽微な症状なので、服用を中止すれば症状も自然とおさまります。

ただ、気になる症状があらわれた場合は、服用を中止した上で、かかりつけの医師に相談するようにしましょう。

また、フィンペシアの一部には、コーティング剤としてキノリンイエローが使用されている場合があります。

キノリンイエローは発がん性物質として知られているため、フィンペシアを選ぶ場合は、キノリンイエロー不使用の商品を選ぶことが大切です。

フィンペシア ⇒フィンペシアの公式サイト