プロペシアの入手方法

プロペシアの入手方法

プロペシアの主成分フィナステリドは1997年に薄毛治療薬としてFDA(アメリカ食品医薬品局)で認可され、販売に至りました。

その後、日本でも2005年に厚生労働省に認可されましたが、それまでの間は海外から輸入代行業者などを通じて手に入れるしか方法はありませんでした。

現在は日本でもプロペシアを正規に入手することが可能ですが、国内では医師の処方箋が必要な医薬品として認可されているため、育毛外来などを受診し、医師の診断のもとにプロペシアを処方してもらう必要があります。

そのため、国内でプロペシアが手に入るようになった現在でも、手軽さを求めて輸入代行業者を利用するユーザーが増えています。

医療機関で入手する

日本国内では、万有製薬が医療機関向けにプロペシアを販売しています。

万有製薬販売のプロペシアを入手するには、育毛外来や皮膚科など、薄毛の治療を行っている医療機関を受診し、医師から処方箋をもらう必要があります。

医療機関で処方されるプロペシアは100%正規品ですので、間違いのない商品を手に入れたい場合は医療機関での入手がおすすめです。

ただ、AGAは日本国内ではまだ保険のきかない自由診療なので、診察にかなりの費用がかかってしまいます。

実際にかかる費用は医療機関によってまちまちですが、プロペシア代と合わせて1万円以上かかるところが一般的です。

輸入代行業者で入手する

プロペシアを入手するもうひとつの方法は、輸入代行業者を利用することです。

輸入代行業者はプロペシアがまだ日本で認可されていなかった頃、唯一の入手法として多くの方に利用されてきました。

現在は国内の医療機関で入手できるようになりましたが、医療機関は受診料がかかるほか、病院に通院するという手間がかかるため、時間とお金の節約のために輸入代行業者を利用する方は今でも後を絶ちません。

インターネットが普及した今、輸入代行業者の利用はますます便利になりましたが、その一方で、信頼ある業者を選ばないと偽物を販売されるリスクもあります。

そのため、輸入代行業者を利用する場合は、インターネットの口コミなどで事前に下調べを行い、信頼できると思った業者を選ぶようにしましょう。