ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレットは、ミノキシジルを1錠あたり5または10mg配合した『ロニテン』のジェネリック医薬品です。

ロニテンはミノキシジル外用剤『ロゲイン』と同じ米国『アップジョン社(現ファイザー社』で開発されたものですが、ミノキシジルタブレットはタイの製薬メーカーが製造・販売を手がけています。

ミノキシジルタブレットは、名前や製造メーカーこそ異なりますが、ロニテンと同成分を同量配合しており、ほぼ同等の発毛効果を期待することができます。

また、ミノキシジルタブレットはジェネリック医薬品ということで、ロニテンの5分の1にあたる30~50円/1錠という驚きの低価格で購入することができます。

ミノキシジルタブレットの効能

ミノキシジルタブレットの最大の特徴は、ロゲインやリアップなどの外用ミノキシジル剤に比べ、圧倒的に効能・即効性が上回っているところです。

外用ミノキシジルの場合、皮膚を通して吸収されますが、塗布したぶんすべてが浸透するわけではないので、効能・スピードともにゆるやかになってしまいます。

一方、ミノキシジルタブレットはミノキシジルを直接体内に送り込むので、すばやく血行が改善され、強力な効能を発揮します。

その強力な効果は、一般的に回復しにくいと言われる生え際の薄毛にも有効となっています。

ミノキシジルタブレットの副作用

ミノキシジルタブレットはミノキシジル外用剤に比べて効能が高いぶん、副作用のリスクも若干高い傾向にあります。

副作用症状は外用薬とあまり変わらず、頭皮のかゆみや湿疹、ほてり、のぼせ、めまいなどが挙げられます。

また、ミノキシジルタブレットは頭皮だけに作用する外用タイプに比べ、体全体に作用してしまうため、頭髪以外の体毛が濃くなる『多毛症』も報告されています。

特にミノキシジルタブレットの10mgが非常に強い作用があるので、まずは低濃度の5mgからはじめて、体調を見ながら濃度や量を調節するようにしましょう。

ミノキシジルタブレット ⇒ミノキシジルタブレットの公式サイト