ザンドロックス

ザンドロックス

ザンドロックス

ザンドロックスは、ミノキシジル外用剤の中でも圧倒的な高濃度を誇る強力なミノキシジル剤です。

ミノキシジル外用剤は、アメリカ製のロゲインをはじめ、日本のリアップなどが有名。特にロゲインは元祖ミノキシジル外用剤として世界中で愛好されており、医療機関でも処方されています。

しかし、ロゲインやリアップはミノキシジル濃度が2%または5%と低く、頭頂部の薄毛には有効ですが、回復しないくい生え際には聞きにくいというデメリットがありました。

そこでザンドロックスは、これまでのミノキシジル外用剤にはない12.5%15%という高濃度配合を実現。生え際の薄毛にも効く超強力な薄毛治療薬として認められています。

ザンドロックスの効能

ザンドロックスは5%・12.5%・15%と、3段階の濃度にわかれて販売されています。

このうち、12.5%15%タイプは生え際の薄毛対策用に開発されたもので、非常に濃度が高いことから、外用剤でありながら内服薬にも匹敵する発毛効果を実現しています。

さらに、ザンドロックスには、AGA(男性型脱毛症)の最大リスクである男性ホルモンを阻害するアゼライン酸や、血行促進作用を持つニコチン酸ベンジルが含有。

高濃度ミノキシジルと相乗効果を発揮し、生え際の薄毛を効率よく解消してくれます。

ザンドロックスの副作用

ザンドロックスは高濃度なぶん、低濃度ミノキシジル剤に比べると副作用のリスクが若干高くなっています。

そのため、5%濃度のものは頭部全体用、12.5%15%濃度のものは生え際などの局所的に使うものとして認識されています。

高濃度のザンドロックスを頭部全体に使うと、かぶれや湿疹、ほてり、のぼせ、低血圧症などの副作用リスクが高まりますので、使用時は注意しましょう。

また、ミノキシジルをはじめて使用する方は、いきなり高濃度のものを使用するのは避け、最初は5%濃度のものからはじめるのが無難です。

ザンドロックス ⇒ザンドロックスの公式サイト