薄毛の症状「AGA」とは

薄毛の症状「AGA」とは?

薄毛の症状『AGA』とは、『Androgenetic Alopecia』の略で、日本語にすると『男性型脱毛症』という意味です。

現在、日本では3人に1人が薄毛症状に悩んでいると言われていますが、その大半はAGA、あるいはAGA予備軍であると言われています。

AGA患者は全国で1200万人以上いるとされており、その人口は年々増加傾向にあります。

そのため、最近ではAGAの治療を行う育毛外来の開設が増えているほか、AGAの症状を緩和するさまざまな育毛剤育毛サプリメントが開発されています。

AGAの症状

AGAの症状は人によってさまざまですが、大きく分けると『O字型』と『M字型』に分類されます。

いずれも薄毛の症状をアルファベット型に模したものが語源となっており、O字型は頭頂部を中心として薄くなる症状を。M字型は生え際が後退する症状を指しています。

2つとも同じAGAの症状ですが、一般的に回復しにくいのはM字型とされています。

ただ、AGAは進行型なので、どちらの場合でも、そのまま放っておくとどんどん薄毛症状が進行し、それだけ回復が困難となります。

AGAの原因

AGAの原因はひとつではなく、加齢・ストレス・生活習慣の乱れなど、さまざまな要因が複合した結果だと言われています。

その中でも最大リスクとして挙げられているのが男性ホルモン『ジヒドロテストステロン(DHT)』です。

DHTは男性ホルモン『テストステロン』と還元酵素『5α-リダクターゼ』が結合することによって生まれる物質で、血中濃度が高くなればなるほどAGAの症状も進行する仕組みになっています。

そのため、AGAの治療では、DHTを生み出すもととなる5α-リダクターゼの活性化を抑える『フィナステリド』の投与が一般的となっています。