AGA(男性型脱毛症)の治療法

AGA(男性型脱毛症)のしくみ

AGA(男性型脱毛症)の主原因は、男性ホルモン『ジヒドロテストステロン(DHT)』の活性化にあります。

DHTは同じく男性ホルモンの一種である『テストステロン』が、5α-リダクターゼという酵素と結合することによって変化した物質です。

テストステロンは男性の体を男性らしく育てるために必要なホルモンであり、その分泌量にほとんど個人差はないと言われていますが、5α-リダクターゼの分泌量は遺伝によって大きく左右される傾向にあります。

そのため、直結の親族にAGAの患者がいる場合、AGAになる可能性は比較的高いと言えるでしょう。

では、AGAを治療するには、どうすればよいのでしょうか?

AGAの治療法

AGAは遺伝的要素が強いものなので、完全に防ぐことは困難です。

しかし、AGAの最大リスクであるDHTの生成を抑性することにより、AGAの薄毛症状を食い止めることができます。

そこで開発されたのが、5α-リダクターゼのはたらきを抑える抗アンドロゲン薬『フィナステリド』です。

フィナステリドには5α-リダクターゼの活性化を抑え、DHTの生成を予防するはたらきがあり、AGAによる抜け毛・薄毛症状を効率的に防ぐことができます。

フィナステリドは現在『プロペシア』の名で医療機関向けに販売されており、育毛外来でAGA治療を受ければ処方してもらうことができます。

AGAは早期治療が基本

AGAは進行性の薄毛症状なので、早期発見・早期治療が基本となります。

AGAの場合、その原因の大半は遺伝によるものなので、もし近親にAGAの方がいる場合、たとえ自覚症状はなくても一度育毛外来を受診してみるとよいでしょう。

最近では、AGAになりやすい遺伝を持っているかどうか診断できる遺伝子検査も行われており、検査の結果によっては医師から今後の指導を受けることもできます。、