女性薄毛の原因

女性に増える薄毛症状

薄毛の悩みは男性だけではなく、女性にも共通する問題です。

特に近年は女性の社会進出にともない、抜け毛・薄毛症状を抱える方が多く、若い女性でもボリューム不足に悩むケースが増えています。

女性の薄毛は男性に比べ、局所的に薄くなることはありませんが、全体のボリュームが減るので、地肌や分け目が目立ちはじめるのが特徴です。

そのため、女性の薄毛は男性に多いAGA(男性型脱毛症)と区別するため、『びまん性脱毛症』と呼ばれています。

女性の薄毛の原因

AGAの場合、主原因は男性ホルモンの活性化にありますが、もともと男性ホルモンの少ない女性の場合、薄毛の原因の大半は生活習慣に由来しています。

中には加齢など抗えない要素もありますが、たいていは生活習慣の見直しによって改善されるため、まずは原因を特定することが大切となります。

ここでは、女性の薄毛の主な原因を紹介します。

加齢

女性にも薄毛の原因となる男性ホルモンが存在しますが、若いうちは女性ホルモンの作用が活発なので、男性ホルモンによる薄毛症状が起こることはまずありません。

しかし、加齢によって女性ホルモンの分泌量が徐々に減少すると、男性ホルモンによる抜け毛症状が起こりやすくなります。

この症状はAGAに対して『FAGA(女性型男性型脱毛症)』と言われています。

ストレス

女性の社会進出にともない、最も増加した薄毛原因のひとつです。

過度なストレスを慢性的に受け続けると、体内の血管が収縮し、血行が悪くなります。

髪は発毛・育毛に必要な栄養素を血液を通して入手しているので、血行が悪くなると抜け毛・薄毛の原因となってしまいます。

無理なダイエット

女性の多い薄毛原因のひとつに、無理なダイエットが挙げられます。

上記で述べた通り、髪は血中から栄養素を受け取って丈夫な髪を作っています。

そのため、断食や極度の節食などの無理なダイエットを続けると、栄養不足となり、髪に十分な栄養が行き届かなくなるのです。

栄養不足は抜けやすい弱い髪を生み出し、最終的に薄毛の原因となります。

過度なヘアケア

近年、ヘアスタイルの多様化にともない、パーマやカラーをする女性が増えています。

しかし、パーマやカラーに使用される薬剤は刺激が強いものが多く、繰り返し使うと毛根を傷め、抜け毛や薄毛を誘発してしまいます。

また、整髪剤などを大量に使うと、毛穴をふさぐ原因となり、やはり薄毛を引き起こす要因となります。