女性の薄毛対策

女性の薄毛の特徴

薄毛の悩みは男女ともに共通する問題ですが、その症状は性別によって大きく異なっています。

男性の薄毛症状である男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンの影響が頭頂部や前頭部に強くあらわれることから、頭頂部や生え際が局所的に薄くなる傾向にあります。

一方、女性の薄毛は全体的に薄くなるのが特徴で、『一面に広がる』という意味から『びまん性脱毛症』と呼ばれています。

ちなみに、女性でも加齢によって女性ホルモンの分泌量が減少すると、男性ホルモンによるAGAにかかることがあります。

ただ、男性に比べると圧倒的に女性ホルモンが多いので、やはり局所的に薄くなることはなく、AGAに対する『FAGA(女性型男性型脱毛症)』と呼ばれて区別されています。

女性の薄毛の背景

女性と男性で薄毛の症状が大きく異なるのは、薄毛の原因が根本的に異なるためです。

男性の場合、加齢やストレスも原因のひとつとして挙げられますが、最大原因は男性ホルモンの活性化にあります。

一方、女性にも男性ホルモンは一応存在しますが、女性ホルモンに対して圧倒的に数が少ないので、ホルモンによる薄毛症状は微々たるものです。

そのかわり、ストレスや無理なダイエット、過度なヘアケアなど、生活習慣の乱れが抜け毛・薄毛を引き起こす傾向にあります。

女性の薄毛対策

男性の薄毛の場合、男性ホルモンなど遺伝的要素が強いため、治療には育毛外来への通院や医薬品の処方が必要となります。

一方、女性の薄毛の場合、その原因の大半は生活習慣にあるため、ライフスタイルを見直せば比較的治りやすいところが特徴です。

具体的には、3食バランスの良い食事を摂る。過度なヘアケアは避ける。無理なダイエットをしない。ストレスをため込まない、などです。

いずれも思い立ったその日から実行できるものばかりですので、抜け毛や薄毛が気になってきた方は、少しずつでもライフスタイルの改善に努めてみましょう。

もし一度にライフスタイルを改善するのが困難である場合は、『柑気楼』などの女性用育毛剤をうまく活用してみるのもひとつの方法です。